水道の工事を行うのに、不断水で行うことなどできるのだろうかと思われるかもしれません。

現にその中を水が流れている水道管は、単なる用水路や川とは少し意味合いが異なります。管の内部は高い水圧がかかっており、工事のために少しでも管を開けるとそこから水が勢い良く噴き出してくることになります。

単に水道管の表面だけで工事が済むようなケースであれば別に問題はありませんが、多少なりとも内部を流れる水にアクセスする必要のある工事では、この水圧を十分に考えておかなければ工事どころの話ではありません。しかし、逆にいうと何とかしてこの水圧に対処することができれば、不断水での水道工事も別に夢物語ではないということでもあります。

単純に、イメージ的に言えば、噴き出して来ようとする水を何らかの方法で押さえ込みつつ目的の工事を行うことができればすなわち不断水での工事ができるということです。押さえ込むといってもまさか手で押さえているわけにはいきません。そこは工具、用具を工夫して、水圧に耐えつつ目的の工事が行えるように、この二つの役割を果たせるようにすることが必要です。

これで必要な工具、用具のイメージは固まりました。具体的にどんな工具、用具なのかはあまりに専門的な話になりますのでここでは省略しますが、このコンセプトに基づいて不断水工事が現実に行えるようになっており、断水に伴う不便さを解消するのに大いに役立っているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *