水道水は通常の場合、若干の圧力をかけて送水されています。

その配管の経路のことを「圧送管路」と言い、何らかの原因で破断が生じた場合にはその部分から勢い良く水が吹き出すことになります。水道管の破裂などのニュースで、吹き出す水の映像を見たことのある方も多いでしょう。

水道管をきちんと断水させて工事を行えば水が吹き出すことは防ぐことができますが、その場合は周辺への影響が大きくなり、コストの増加や工事期間の長期化が懸念されます。そこで採用されるのが不断水工事です。

水道水を通水状態にしたまま水道管の分岐を設置したり、バルブを設置したりする工事を可能にする工法で、多くの工事現場で採用されています。大きな商業ビルや住宅密集地など、特に断水を発生させることによる影響の大きいと考えられる現場では欠かせない工事です。この不断水工法は、上水道の本管を断水することなく施工するために各水道工事業者によって開発されたものです。

広報には様々なタイプがあり、工事区域をバイパスさせる水道管を分岐させる工法や、該当箇所を極低温の液体窒素で凍結させて局所的に水を止める凍結工法などがあります。また下水道の工事についても同様に管路の流れを止めることなく施工する方法が開発されていますので、現在は上下水道を問わず不断水工事が一般化してきていると考えて良いでしょう。

コストや工期に関しては、業者によって異なりますので見積もりを取り選定することがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *