上下水道工事を行う業者では不断水工法の開発や導入さらには講習会の開催などを行って技術を広く普及するようになってきていて、工事に採用される場面が増えてきています。

道路に埋設されている給水本管を分岐するときや切り回しを行う際に、以前は断水が必要で様々な事前準備が必要でした。断水の影響を受ける家庭や施設などに前もって日時を通知し水の汲み置きお願いし場合によっては給水車の手配が必要でしたし、工事が終わり通水した後も汚れた水が出る可能性があってしばらく出しっぱなしにした後に使うようにお願いしているのですが、それでもトラブルが発生して濁った水のせいで洗濯物が汚れたなどの苦情がくることも多かったでしょう。

これまでの工法と違って断水する必要がない不断水工法は、施工後も水が汚れてしまう心配がいらないため管を洗浄する手間もかからず前もって地域住民に通知する必要性もなくなったため、業者にとって時間短縮と負担軽減を実現させてくれる工法でもあります。

管の口径が大きくても安全で短時間に施工が行えるようになっていますから、工事をスムーズに進めて工期短縮につながるためにも不断水工法の技術は習得しておきたいところですが、工法に合わせて専用の部材を手配しなければなりません。

施工方法は似ていますがいくつか工法の種類があり使用する部材も独自開発されているものだと微妙に形が違うこともあるため、講習を受けやすく部材の価格面でも納得できる工法を導入するとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *