不断水での水道工事など、水道管内部を流れている水には全く手をつけないようなものしかないのではと思われるかもしれません。

そんな工事が本当にあるのかどうか知りませんが、例えば水道管表面の塗装をし直すような工事などです。このような工事であれば不断水で行えても何の不思議もありませんし、むしろわざわざ断水させるほうがおかしいでしょう。

しかし、多少なりとも内部を流れている水に手をつけないといけない工事であれば、そこには水圧がかかっていますから不断水で行うのは途端に難しくなります。水が水道管から溢れて周囲が水浸しになるかもしれませんし、高い水圧で勢い良く水が吹き出してくるようなことがあれば危険でさえあります。

そんなことでは工事などできません。一方で、断水はその影響を受ける人にとって迷惑であると同時に、工事を行う側にとってもメリットばかりではありません。一旦水を止めて工事を行えば、工事中に水道管には土砂や空気が入ってしまうことが普通です。

工事後、土砂は綺麗に取り除いてから給水を再開しなければなりません。また、断水の措置をする範囲は、必ずしも工事を行いたい範囲の近くに収まるとも限りません。遠くにあるバルブを閉めることになるかもしれないのです。

そうなれば工事再開時の労力もより大きくなってしまいます。結局のところ、断水させて工事を行うことと不断水工事を行うことのメリットやデメリットをよく比較して決定することになるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *