不断水工事とは水道工事の工法の一つで工事をする間に断水をしなくても工事ができる工法です。

もともとは水道工事の時には断水を行う必要がありましたが、割りT字管の開発によって実用化され始めてから不断水工事が徐々に増えて水道工事の主流になりました。不断水工事の中でも最初に開発されて使われ始めたのが分岐工法という工法で本管にT字管を取り付けて弁を開いて本管を穿孔して穿孔機の主軸を閉じて通水させて水を流し続けて工事をする方法です。

その後技術がさらに進歩していって液体窒素を使って栓をする凍結工法なども使われるようになりました。その他にも多くの工法が開発されて使われるようになったので、現場に合わせた工法で工事ができます。

不断水工事を行うメリットはいくつもあって対象の地域の家庭では水の汲み置きをする必要がなくなりますし、工事をする業者は全ての家庭に告知しなくても済みます。病院や工業や商業施設など汲み置きの水で対応できない場所が範囲になっている場合は給水車を業者が手配する事になりますが、断水をしないで済む工法を使えばのその手間も省けます。

工事自体の工期も短く済むので、工事のコストも安く済みます。一度水を止めてしまうと業者としては管内を工事後に掃除する必要がありますし、工事が終了してすぐに元通りに水が出るとは限りません。場合によっては赤水が出る事があってその時は水が綺麗になるまでしばらく水を流し続けなくてはいけません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *