水道管に不具合が生じた際に修理をする必要が生じますが、その修理する際に当該水道管での送水を止めなければならないとしたらどうなるでしょう。

それが上水道の給水管において生じたものであれば個人や企業に対して断水してしまい生活や事業活動に多大な影響を生じます。それが下水道の送水管に生じた場合には排水を流すことができなくなりこちらもまた多大な支障が生じます。

このように水道管に故障が出るのは仕方がないこととして送水を止めてしまう不都合を回避しないと困ります。そこで開発されたのが不断水工法というものです。不断水工法とは、水道管路において供用開始後に通水状態のまま、分岐設置やバルブ設置、故障個所の修繕などを行う工法です。

この不断水工法を取り入れることにより断水の告知や給水車の手配などが不要となり、有圧の水道管に関して工事を行うため工事の際に出る屑等は外に排出されることとなるため水道管内の清掃等は不要です。そして、この工法を採用することで工事に要する時間を短縮することも可能となりますし、さらに水道工事としてのコストも抑制することが可能です。

自治体で出しているような標準工事単価の水道工事部分を比較してみるとこの点はよくわかります。都道府県等から水道設備工事業に関して建設業の許可を受けている者などはその工事について専門で対応できる技術と体制があるのでこの工法について対応できる者が多いといえます。水道管に不具合があり不断水工法を依頼したい場合にはこのような専門の者に依頼するとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *