水道管の本管に分岐管を通す工事をする場合、従来は本管の水を止めてから工事作業をする必要がありました。

水を止めてしまうと、当然ですが各家庭に水が行かなくなってしまい、近隣住民に多大な迷惑をかけてしまうことになります。工事を行う業者としても、工事前には各世帯をまわって工事日程や断水期間などを周知する必要がありましたし、場合によっては給水車の手配も必要でした。これらは業者にとって大きな負担になっており、コストが割高になる原因でもありました。

上記のような問題は現在、不断水工法を行うことでほぼ解消されています。不断水工法とは文字通り断水をしないで水道管の工事をすることです。特殊な施工機具を使って工事を行うことで、本管の水を止めることなく穴を開けて分岐管を設置・接続することが可能になっています。

東京などで現在行われる工事では、ほぼ不断水工法が使われていますから水道管の分岐工事で断水になることはほとんどありません。不断水工法を行は、工期を大幅に短縮することができるのが魅力です。断水告知や給水車の手配は不要なので、作業人員を余計な業務に割かなくて済みますし、工事が終了したあとの管内の清掃作業もしなくて済みます。

工事工程が少なくて済むので当然工事時間が大幅に削減され、結果的に工事にかかる費用もかなり削減できます。工事を依頼するクライアント側としても料金が安くなるので助かります。不断水工法は今も新たな技術を取り入れながら進化を続けており、人間のライフラインを支えています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *