水道工事の現場において不断水工事を行うことはもはや常識となっています。

工事による断水を発生させることで及ぼす影響はたいへん大きいため、周辺の住民や施設建物の利用者にとっても通常通りの水道使用ができる不断水工事を選択することは大きなメリットとなります。

工事にともなう断水は、事前の告知や給水車の手配、その後の水道管の清掃などに大きなコストと時間がかかりますので、不断水工事を実施することでそれらのコストもカットすることが可能です。不断水工事の方法については多くの水道工事業者がそれぞれの技術を競い合い、より便利でコストも低く多くの場所に対応できるような工法を開発しています。

分岐バルブを設置して工事箇所の通水をバイパス状にして確保したまま補修等を行う分岐工法、工事箇所周辺の水道管を低温の液体窒素を利用して凍結させ水道水の噴出を防ぐ凍結工法などがあります。工事を必要とする場所のスペースによって適している工法が異なり、工事範囲の広さや水道管の内径なども事前に調査して見積もりを行うことが必要となります。

それぞれの工法についてインターネットの情報サイトで確認し、いくつかの工事業者に連絡をして相見積もりをとるという方法もおすすめです。より短い工期で、安全確実な不断水工事をローコストで実施するためにも工事業者選びはきわめて重要なポイントとなります。じっくりと比較検討をし、施工業者を選定することが良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *