水道管の工事を行う場合には、工事箇所の止水を行うことが必要です。水の流れを止めることになるわけですから、その周辺においても水道の流れがストップすることとなります。

この状況がいわゆる「断水」であり、水道管の漏水補修や新規敷設工事などでは断水が一般的に見られたという時代もありました。しかし近年は水道水の断水によって引き起こされる影響が昔と比べると格段に大きくなっています。

一般住宅には水洗トイレや全自動洗濯機の普及が進み、温水器や自動給湯器、食器洗い乾燥機など、水道が使えないことによって発生する不具合は数多く見込まれます。つまり水道工事を行うためには影響を極力抑えて最小限にとどめることができるように配慮することが望まれます。

不断水工法は、断水を発生させることなく水道工事を行うことができますので、多くの工事業者が工夫を重ねた技術を開発しています。止水範囲に別の水道管をバイパスさせて通水を確保する分岐工法や、工事該当部分を冷却し凍結させることで水漏れを防ぐ凍結工法などが一般的です。

水道工事業者はそれぞれ独自の不断水工法の技術を有しており、その工法に適した工事場所や工事規模なども異なります。複数の不断水工法を実施している業者に相見積もりをとり、コスト面や工期の面で比較検討するのが良いでしょう。周辺住民や建物の使用者に迷惑をかける事なく工事が完了する不断水工法をぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *