不断水工法の一つに、凍結による方法があります。

この不断水工法が適用されるケースは、水道配管の分岐増設、交換、点検などの工事を行いたい場合で、とにかく工事部分の直前でのみ何とかして通水をストップさせたいという場合です。もし工事部分の直前に既にバルブ、止水弁などがある場合はこの工法を採用する必要がありません。

単にそのバルブや止水弁を止めて工事をすればそれで済むことです。しかし適切な部分にバルブや止水弁があるとは限りません。より上流部分にしかないという場合、そこで通水をストップさせては工事部分以外にも影響が及ぶため、それは避けたいということが往々にしてあります。

この場合に凍結による不断水工法が活躍します。原理的には非常に単純で、止水したい部分を覆うように液体窒素などを周りから作用させることでその部分だけ氷点下以下の状態を作り出し、内部の水を凍らせるわけです。この工法を採用するには、まず内部の水は流れておらず静止している状態であることが絶対条件です。

流れていてはいくら冷やしても冷えた水はどんどん先に流れていってしまい、凍らせることができません。また配管の太さや水圧によって作用させる液体窒素の分量や凍らせるべき部分の幅も変わってきます。

水圧が高いとそれだけ幅のある氷を作らないことには水圧に負けてしまい、栓の役割を果たせません。一方で不用意に水を凍らせて氷にすると体積が増加するため配管破損の原因にもなりかねませんから、専門家による作業が欠かせません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *