水道の配管工事をするときには配管の水を止めないと漏れてしまいます。

そのため配管の先にある住戸に断水のお知らせをする必要があります。そしてその間の水の供給も考えなければいけません。そのため、住民になるべく迷惑のかからない時間や時期に配慮する必要があります。
自己都合でない工期の調整は大変な苦労があります。不断水の工事であればその心配はありません。専用の配管を使用することで配管内の水が流れている状態でも問題なく作業を行うことができるため不断水と言われています。

断水する必要がないので住民の説明や代替えの水を心配しなくても大丈夫です。だから工期を最短で済ませることができます。工期が短くなればそれだけ費用も抑えることができます。専用の装置が必要となりますが、工期と費用に比べれば問題になりません。不断水の工事は既設の配管を覆うようなT時の配管を使用します。T字管の分岐する方の配管にドリルの機構を取り付けます。既設管の側面にドリルで穿孔して水を引き込みます。

ドリルの機構がついているので水が漏れることはありません。また、既設管はT字管に覆われているのでこちら側からも水が漏れることはありません。ドリル刃を抜いて、T字管の分岐した方の配管についている栓を閉じます。ドリルの機構を取り外してから分岐する配管を完全に設置します。その後で栓を開放すれば水が流れ出して工事が終了です。この方法であればT字管がつくところであればどこでも適用することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *