断水を経験したことのある方なら容易に理解できることですが、たとえ一時的ではあったとしても水が止められると非常に困ってしまうものです。

断水に備えて事前に水を汲み置きする必要が生じるだけでなく、実に多くの不都合な事態が発生することになります。そのような不都合が発生しないよう考え出されたのが不断水工事です。実際、不断水工事を行なうことには大変多くのメリットがあると言えます。その一つは、各家庭で使われる水道水や、医療施設、さらには各種産業の活動に何の支障もきたさないという点です。

もちろん、断水に備えて水を汲み置きも全く必要ありません。そのため、通常通り、必要な時にいつでも水道水を確保できるというメリットがあると言えるのです。また、工事に従事する業者にとっても、不断水工事を行なうことには幾つかのメリットがあると言えます。例えば、事前に断水の告知をしたり給水車を手配したりする手間を一切省くことができます。

加えて、工事終了後に水道管内を清掃することさえ必要ではなくなるのです。従来の配管工事では、古いバルブを動かして水流を止める必要があり、それによって管内の赤錆が剥離し水が濁ってしまうという現象が生じていました。そのため、工事後には必ずきれいに清掃することが必要になっていました。ところが最近の不断水工事の場合、水流を止めないで行なうことができるため、こうした不都合も起きず手間のかかる清掃も必要ではなくなるというメリットがあるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *