水道工事が始まると蛇口から水が流れなくなるので、予め汲み水をしておく人は多いと言えましょう。

しかし、現代のトイレは水栓式で、断水になるとトイレが使えなくなるなど不自由な状態になってしまいます。但し、工事時間は1~2時間などであり、その間を凌げば良いのでそれほど問題が起きる事はありません。一方、工場などにもトイレがあり、従業員が使う事が多いかと思われますが、設備工事などになると1~2時間程度では済まなくなるため、工事を実施するのは工場が停止している休みの時に行われるケースが多いようです。

工場の中には24時間稼働の場合もあるので、この場合は休みの時に工事を行うなどが出来ませんので、不断水工法を利用した形で設備交換やメンテナンスが実施されるのが一般的です。不断水工法は通水をストップする事なく、作業が出来るので、工場内で働く従業員にとっても普段通りトイレの利用が出来るメリットがあります。また、大量の水を生産時に使用する場合も、不断水工法を利用すれば稼働し続けられるメリットもあるわけです。

通水を止めずに配管を交換出来るのが不断水工法の特徴ですが、工事を行うためには既設管への仕切り弁の取り付けや既設管に穴を開けるための穿孔機の取り付けが必要になります。穿孔機は穴を開けるための機械で、既設管に取り付けた後にカッターを前進させながら穴を開ける、穴を開けた後は穿孔機を取り外して仕切り弁を開けて、通水を行うなどの流れで作業を進めます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *