不断水分岐工法という手法があります。これは水道管を止めることなく、既設の本管から分岐管を分けて接続する工法のことを意味しています。

水道工事においては、この工法は欠かすことのできないほどの重要な位置づけにある技術であるといっても過言ではありません。共用が始まった水道管というのは、現実には、ストップをかけることができません。いまや蛇口をひねれば水が出るのは当然の世の中となっています。こんな時代に、断水をして水道工事をすることははなはだ難しいと言わざるを得ません。そこで通水状態を維持したままで分岐設置やバルブ設置を可能にする工法が開発されているのです。

それが不断水分岐工法です。この工法は、上水道のジャンルでの断水をしないで工事をするための必要上、開発されたものですが、実際には下水圧送管においても、空気弁を追加して設置したり、バイパス管路を分岐するためとか、あるいはバルブの追加設置のために導入されているのです。圧送ポンプを運転するにあたっても、わずかばかりに管内水が排出するだけで、分岐やバルブの設置が可能となります。

これは、将来的には圧送管路が多条化したり、切り回し配管をするときに大活躍するものと期待されています。不断水分岐工法の施工手順は、既設の圧送管の分岐取付部分を掘削した後、T字管と切弁を取り付けます。次に不断水穿孔機と言われているコアカッター状の穿孔機を仕切弁に付けます。そして仕切弁を全開にして、穿孔機を始動します。この穿孔が完了した時点で仕切弁を全閉し、穿孔機の撤去を行います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *