普段の生活を送る上で水道水を利用することは必要不可欠ですが、およそ40年ぐらいが経過すると配管が老朽化してきます。

水道水にサビが混じったりすることがあり、中でも古い配管では鉛が使われているものがあり被害が実際に証明されている訳ではありませんが健康被害が心配です。水道工事はかつて断水する必要がありました。ところが大きな規模な工事だと前もって周辺の地域に予告する必要がありますし状況によっては給水車を手配する必要があります。そういった煩わしさを解消するために不断水工法が考案されているのです。

また不断水工法には不断分岐工法という方法と凍結工法という方法があります。不断分岐工法は既に設置されている配管を囲むようにT字型に分岐させる配管を装着する方法です。装着したら既に設置されている配管に穴を開けて水を通すことによって穴を空けるときに生じた破片などを取り除きます。凍結工法は配管を取り替える部分を液体窒素を利用して凍らせて水の流れを止めるのです。

不断水工法はどちらの方法であっても必要となる部分の水流を止めるだけで済むために費用の削減したり、工期を短縮したりする効果を得ることができます。従来の水道工事では建物全体を断水させる必要があったものが建物のワンフロアの一部分だけの断水などで済むようになりホテルや工場など建物全体で水を使う場合でも事業を中断させなくて済むようになるのです。リフォームやメーターを移設するときなどに良く活用されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *