水道管を新しく枝分かれさせて施設などに水道水を供給しなければならないときは断水をして工事を実施すると周辺の工場や住居、その他施設に不便さを強いることになってしまいます。

中でも工場に水を供給できないとなると生産量が減ってしまうどして損失を生じさせてしまう可能性があるのです。不断水工法は工事をする前に周辺の地域に断水することを徹底して周知する必要性がなく、断水する瞬間がないため給水車を手配したり水を汲んで溜めておく必要性もありません。そのため準備する必要があることがあまりないことがメリットの工法になります。

この不断水工法を取り入れることによって様々な状況に置かれていても水道水を供給するのを止めることなく配管を分岐させる工事を行うことができるようになり水道水を利用している人たちは工事中も違和感なく利用することが可能です。不断水工法で配管を分岐させるためには専用バルブを取り付けることが必要になります。

配管の種類や直径によって取り付けるバルブが異なってくるため配管の状況をチェックしてから準備を行い作業するときに枝分かれさせる部分を決めておくのです。保温材などで配管が覆われているときには部分的に保温材を剥がして対応する必要があるので前もって保温材の用意しておくことも必要になります。仕切弁を取り付けるときには仕切弁が開いているかどうかをチェックし水圧をバルブにかけても水漏れしないようにすることが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *