最近は水道の蛇口を開くと水道水が出てくることが当然のこととなっているため断水を行って水道工事を実行することが難しい状況になってきています。

そのため水道が使える状態のまま工事を行うことが可能な工事方法のニーズが高まっているのです。断水を行わずに水道工事を行い工事方法を不断水工法と呼んでいます。不断水工法は分岐工法という水を本管に流すために配管を枝分かれさせて行う方法と、本管を断ち切った部分に仕切弁やプラグ、ストレーナーなどといった道具を差し込む方法があるのです。

水流を止める手段としては、バルブと補助金具を利用して機械的に水流を止める手段と、液体窒素など水を低温にする媒体を使って枝管の水を凍らせて水流を止める凍結工法という手段があります。凍結工法は直径が細い給水管が水漏れするのを修理するための工事や補修弁が壊れてしまった消火栓を交換する工事など短時間だけ水流を止めることにより本管の水の流れを断水させないで工事を進めることが可能な方法として取り入れられました。

不断水工事は直径が細い水道管を修理する方法として採用され直径が50mm以上の直径の配管については1961年頃に割T字管が登場してから実用化されています。不断水分岐工法は、まず本管に割T字管を装着して固定し仕切弁と穿孔機を装着し仕切弁を開くのです。次にカッターを前に進めて穴を配管に開けて穿孔機のドリルを戻します。そして仕切弁を閉めたら穿孔機を外して枝分かれさせた方の配管を繋ぎ仕切弁を開けて水を流して完了です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *