水道管に水道水が流れている状態で分岐管やバルブを取り付けることが可能になった工法を不断水分岐工法と呼んでいます。

この工法は上水道の水道水を枝分かれさせる場合に本管の水道の流れを止めずに工事を行うために開発した方法ですが、下水道に使われている配管路においてもバイパス管を取り付けるために枝分かれさせたり、空気弁を付け加えたり、バルブを付け加えたりする場合にも採用されているのです。

圧力で送り出すポンプを稼動させる場合も配管の中に残っている水を少し排出するだけで分岐菅やバルブを取り付けることが可能となっていて、今後に配管路をもっと分岐させていくことを想定している場合や老朽化した配管を取り替えるときにも役立つ工法となっています。
不断水分岐工法の流れは、まず既設の圧力で送り出す配管の枝分かれさせたい部分を削り取ってから割T字管と呼ばれる既設の配管に取り付けることが可能な分割できるT字管を装着して仕切弁も装着するのです。

次に不断水穿孔機と呼ばれるコアカッターに似た特殊な形状の穿孔機を仕切弁に装着します。仕切弁を開いてから不断水穿孔機を稼動させて既設の配管に穴を開ける訳です。穴を開けたときに削り取られる既に設置されている配管の破片は水圧により不断水穿孔機が装着されている方に流れ込んで、配送間の破片と共に穿孔機に取り込まることになります。既に設置されている配管に穴が開いたら仕切弁を閉じて穿孔機を外して終了です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *