不断水工法は通水したまま分岐を行えますしバルブの設置も可能としているため工期短縮に役立ちますが、しっかりと成功させるためには施工する作業員の技術を高める必要があります。

以前とは違う専用の仕切弁などを使用しなければならず、部材の取り扱い方とともに不断水工法の作業手順も覚えなくてはならない工事です。不断水工法の作業手順は講習会や資料などで知ることができますが、作業に慣れていない状態で本番の施工を行うことは失敗するリスクになりますから、できるだけ会社内で講習会を開いて練習する機会を設けて繰り返すことで要領よく作業を進められるようになります。

既設本管に対してきちんと割T字管および仕切弁を取り付けた後に穿孔機を使って既設本管に穴をあけ、穿孔機を戻して仕切弁を閉じる穿孔機を外したら分岐管の配管施工へと進み完了後に仕切弁を開けて通水するという工程は間違えることがそれほどありませんが管口径が大きくなるほど作業に慣れていないと不手際で水漏れなどにつながってしまうでしょう。

これまでいろんな給排水工事に従事していると不断水工法はとても簡単に考えてしまいがちですが、プロとしての高い技術水準でどの現場でも作業を行えるようにするためには日ごろからの講習による技術向上が欠かせません。忙しい現場の合間を見つけて定期的に講習会の場を設けて会社全体の不断水後方に対する技術を向上させて、いろんな現場で断水せずに作業ができるように大切な技術を身につけましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *