不断水工法と言いますのは上下水道において新たな形で分岐管、あるいはバルブをセッティングするためのメソッドです。

元々は新しい分岐管、あるいはバルブをセッティングするため古いバルブを閉めて既設管内の水の流れをストップしていました。不断水工法においては既設管内の水の流れをストップさせずに必要な作業を実施することができます。古いバルブを動作させることが求められないので、付いていた赤錆の剥離に因る赤水の出現もありません。

昔は分岐管などをセッティングした後、配管内のクリーニングが求められましたが、不断水工法の一般化によりまして不必要となっています。さらにスケールの大きい断水も発生しないので周辺の居住者に対する告知、あるいは給水車の準備なども必要ではありません。不断水工法に関しては分岐及び凍結工法という異なる種類があります。

上水道において配管工事にあたるためのノウハウとして分岐工法が初めに考えられましたが、今では双方の工法が上下水道の工事に必要とされています。昔の方法と照らし合わせると工事のための期間を遙かに短縮できるというアドバンテージがあります。分岐工法に関しては機械的に穴を開けていく工法になります。

割T字管及び仕切弁を既設管へとセッティングし、更に穿孔機の設置を行います。仕切弁を全開とした状況の下で穿孔機のドリルを介して穴を開けますが、切り屑に関しては水圧によって出される仕掛けです。凍結工法に関しては液体窒素を活用することによって作業する所の両方の端を凍結させて部分的断水をします。凍結している部分はバルブの代替として作動するので、現場付近にバルブが無くてもタスクができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *