不断水工法と言いますのは水の流れをストップすることも要せず排水管工事が実施できる工事手法として、色々なシチュエーションで活用されています。

供給をストップできない水道工事に加えて、工場においての冷却水の配管増設のための工事であるとか、排水管工事などにも活用されており、工場の稼働をストップせずに工事が実行できるため生産パフォーマンス向上にも貢献しています。しかしながら不断水工法を実施する場合、工事前及び工事後にしっかりした注意をすることが大切です。

とりわけ異物混入につきましてはトラブルとなることが多いことから、そうした面で充分な配慮が必要です。不断水工法に関しては水の流れをストップさせない工事形式であるために水道工事の場合には供給を受けることになるサイドは工事に取り組んでいることを気がつかないままに水道を使い続けるため、水質のチェックをせずに継続して使うことが多く、問題が生じることも少なくありません。

不断水工法にあたっては特徴のある工具を利用し、その道具によって水の迂回路を形作ってどうしても必要な部分の工事にあたるものですが、そうした場合に工具に異物が入り込んでいると水の流れによって、その異物そのものが水流に入り流れることになります。しかしながら工事にあたる側も供給を受ける側もこの部分に気がつかない傾向が高く、問題が生じてしまうことがあります。これを防ぐには、不断水工法を実施する前に道具の点検をきちんと行う事が重要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *