不断水とは文字の通り工事地域の水道を断水をさせないで水道の工事を行うことを指しています。

以前は鉄などの材料を使っていたので地域ごとの止水栓があって、必ず事前に断水のお知らせが各世帯に配られていました。工事の後は水をしばらく出しっぱなしにしておかないと汚れていて使えなかったことを覚えている人も多いと思います。今では水道管の材料も鉄から耐久性のある加工しやすい材料に変わってきたので水道工事の時に案内も配られることなく普通に工事ができるようになりました。

そのため不断水工事という工法が普通に使われることになってきたのです。不断水工事の後方も施工会社によって少し違うこともありますが基本的には同じような手順で行われます。一般の人が目にすることが多いのは家を新築して水道管を新たに引き込むときに、止水栓を取り付ける時に幹線管路のパイプに穴を開けてT字型の分割管と仕切弁を取り付けます。

次に不断水穿孔機と呼ばれる特殊なコアカッター状の穿孔機を仕切弁に取り付けます。仕切弁を全開にして穿孔機を動かすと既設の水道管に穴を開けるとともに切りくずは水圧で穿孔機の中に取り込まれるので、水を汚すことなく普通に水を使い続けることができるのです。

このような不断水工事が普及することによって地域の家庭では工事に関係なく水を使い続けることができて、水が汚れることもなく工事に関係なく必要な作業ができるようになったのです。水は大切な資源ですので生活に影響を与えることなく工事ができるのは工法の開発などの技術の進歩も進んでいることを示しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *