不断水工法を取り入れると旧来の方法に比べて効率の良い配管工事が可能です。

昔は既設管内の水の流れをストップして配管工事がとり行われていました。断水をもたらして配管工事にあたると労力が必要です。工事個所のすぐ近くにバルブがあるのであれば断水範囲も小さくて良いのですが、ないケースではスケールの大きい断水が起こるため周辺の居住者に対する告知、あるいは給水車の依頼を欠かすことが出来ません。

さらに古いバルブを働かせて水の流れをストップすると、付いていた赤錆そのものが剥離することになります。剥離した赤錆につきましては水を赤く濁らせるので分岐管などをセッティングした後にクリーニングが要ります。不断水工法を活用すると通水状況のまま必要な作業ができるようになっているため周辺の居住者への配慮が不要です。

それに加えて古いバルブを作動させる必要性がないことから、赤錆に関しては剥離しません。分岐管などをセッティングした後にクリーニングする手数も省けます。不断水工法に関しては分岐及び凍結工法が存在します。どちらも工事に求められる時間が短くて、周辺の住民に対しての配慮もしくはクリーニングなどがいらないので工事のための期間を圧倒的に短縮することができます。

工事のための期間を短くできれば従業員にかかる費用などのコストをカットできます。不断水工法に関しては上水道の配管工事をその目的としまして考えられましたが、近年では上下水道の双方に取り入れられています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *