元々は上下水道の配管工事にあたる場合、古いバルブを閉めて既設管内の水の流れをストップすることが求められました。

近頃では不断水工法が浸透しており、既設管内の水の流れをストップせずに分岐管、あるいはバルブのセッティングができます。古いバルブを機能させて水の流れをストップすると、付いていた赤錆自体が剥離することになります。赤く濁った水を取り除くため、分岐管等をセッティングした後にクリーニングが必要不可欠です。

それに加えて工事の現場のすぐ近くにバルブがないケースでは広範囲の断水を招きます。断水エリア内の居住者には前もっての告知や給水車の依頼を欠かせません。不断水工法であれば配管内のクリーニングや断水エリア内の居住者への配慮といった付帯作業を省けます。水の流れをストップする必要性がないことから赤錆が引き起こされることはありません。

さらに通水状況のまま必要な作業ができるため、居住者に対する告知なども必要としません。不断水工法に関しては分岐と凍結工法が見られます。どちらも時間をかけず必要な作業を行うことができ、幾つもの付帯作業もカットできます。昔のテクニックと照らし合わせると工事のための期間が圧倒的に短縮されるので、従業員にかかる費用などもカットできます。

分岐工法については機械的に既設管へ穴を開けていく工法になります。凍結工法に関しては液体窒素によって作業する所の両端を凍結させてしまう工法になります。凍結している箇所がバルブの代替として動作し部分的断水を招きますが、全体を通しては通水状態をキープできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *