不断水工法は水の流れを停止することなく排水管の工事を行うために利用される工法で、近年の水道管工事においては主流の工法となっています。

工事を行う箇所に流れる水の流れを工具を利用して迂回させることで流れを止めずに工事を行うことができるとして非常に広く利用されています。不断水工法のメリットは水の流れを止めずに工事ができると言う点です。これによる影響は大きく、水道工事の場合には利用者に与える影響を極力少なくして工事を行うことができるため、利用者側に与える恩恵は非常に大きなものがあります。

近年は様々な場所で水道はライフラインとして利用されており、その供給を停止することは大きな損害を与えてしまうことにもなりかねません。そのため不断水工法は非常に重要なものとなりつつあります。その反面、不断水工法にはデメリットもあります。工事の開始と完了が利用者からわかりにくいこともその一つで、万が一水道に異物が混入してしまった場合であっても、工事の開始と完了がわからないとその判断がしにくいと言う面があります。

断水の場合には普及した際に多くの人が出出についてチェックを行うものですが、これがわからないとチェックのしようがないと言う問題があり、工事を行う際には万全の確認が求められます。不断水工法は作業者にとっては時間に拘束されることが少なくなり、安全に確実に作業を行うことができる非常に便利な工法である反面、作業を前後に入念なチェックが必要になる工法でもあります。この点に十分に注意をして作業を行うことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *