配管工事の工事期間を短縮すると、人件費などのコストを削減できます。

工事期間を短縮するためには工事自体の時間を短くして、様々な付帯作業を省略する必要があります。不断水工法には分岐工法と凍結工法の2種類が存在します。いずれの工法で配管工事を行う場合も、従来の方法と比較して大幅に工事期間を短縮できます。以前は上下水道の配管工事を行う際に古いバルブを動かして既設管内の水の流れを止めていました。古いバルブを動かすと赤錆が剥離するため配管内で赤水が発生します。

新しく分岐管やバルブを設置した後で配管内の清掃が必要です。また基本的に広範囲な断水が生じるので、周辺住民への告知や給水車の手配が必要となります。不断水工法ではこれらの付帯作業が不要とされます。分岐工法では割T字管と呼ばれる分割型のT字管と仕切弁を既設管に取り付け、さらに穿孔機のドリルを使用して穴を開けます。割T字管と仕切弁は作業後も既設管に残り、仕切弁の先に新たな分岐管やバルブが設置されます。

完全な通水状態を保ったまま作業が可能です。凍結工法では液体窒素を使用して作業箇所の両端を凍結させ、バルブの代わりとして利用します。作業箇所では既設管を切断して新たな分岐管やバルブを設置することになります。凍結箇所がバルブの代わりとなるので、工事現場の近くにバルブがなくても作業を行うことができます。不断水工法は工事自体の時間が短く付帯作業が不要となるため、工事期間を短縮できるというメリットがあります。もともとは上水道の配管工事のための技術でしたが、現在では下水道の配管工事も利用されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *