水道管の工事は昔と変わらず今でも至る場所で行われています。

目にする機会が少ないと言っても、以前の様に断水が起こる事が無くなったのに気が付きます。以前は、水道管工事が行われる事を広報車やチラシにて工事期間や時間を周知していました。今では、その光景を見る事もありません。今現在の水道管工事の主流は、不断水工法と呼ばれるものです。断水を行わない意味で、既設配管の水に一切の影響を与える事なく施工できるメリットがあります。

不断水工法での実際の施工では、既設配管の分岐したい箇所に割T字管と呼ばれる器具を取り付けします。その後方にバルブ器具を取り付け更に穿孔機をセットして準備完了です。穿孔ドリルで既設配管への穴あけを行います。ドリルは元の位置まで戻すと水が溢れ出てくるので、バルブを締め付けて止水を行います。穿孔機を取り外しすれば、それ以降の作業が可能となります。気になる既設配管の削り屑は、水道管圧力により外へ押し出されるので混入の心配がありません。

以前は工事終了後には、清掃を行う必要があり蛇口をひねれば赤水が出ていましたが、この後方であればそれらが一切心配いりません。不断水工法では、時間制限の中で作業を行う事もないので職人としても気持ちが楽で施工の質も向上します。また、工期の短縮にも期待でき経済的な工法と言えます。ライフラインとして重要な存在である水は、電気と同様に止めることが出来ない為、今後もあらゆる場面で使われる工法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *